進路に悩むあなたに

進路で悩んだ時に思い出してほしいのは「あなたの好きなこと」です。その好きなことを専門として学び将来の仕事に繋げたいか、まだ他の選択肢も考えてみたいのかによって、選んでみるといいかもしれません。

大学と専門学校を比較してみよう

大学について

大学は、幅広い知識を身に着けることができます。そのため、大学の2~4年間で自分の本当にやりたいことや将来の目標が見つかることもあります。学費が高く、私立の場合は4年間で400万円以上かかります。大学を卒業すれば、「大卒」とされ、それだけで履歴書などの印象が良くなるのも特徴です。

専門学校について

専門的な技術とともに、実践を行うことができるのが専門学校の特徴です。2~3年間で多くの資格取得に励むことができるのも、大きなメリット。将来やりたい職業など学びたいことが絞られている人にオススメです。

料理を専門的に学びたい!

特に、今人気なのが料理の専門学校です。料理を作っておいしそうに食べてもらった時は本当に嬉しいですよね。料理を学ぶことは、良いことばかりです。一人暮らしであっても、将来家庭を持った時にも役に立ちます。そこで、料理の専門学校の選び方で覚えておいてほしいポイントをいくつか紹介します。

調理の専門学校の選び方のポイント

男女

自分に合ったコースやカリキュラムがあるか

専門学校選びの大事なポイントとして、自分の求めるコースやカリキュラム、学習ができるかどうかが挙げられます。入学してみて、こんなはずじゃなかったと後悔しないように気を付けましょう。学校案内パンフレットやオープンキャンパスへ足を運んで確認してくださいね。

就職率は高いか

調理でなくても、どの学校を選ぶときにも就職率は確認しなければいけません。資格を取得して、最終的に目指すのはやはり調理関係への就職だと思います。就職率が高いという事は、進路支援がしっかりした学校ということなので、就職率はチェックしておきましょう。

学費について

学校やコースによって、学費の値段は異なります。調理の専門学校の学費の相場は、1年で100万円前後です。その他にも実習費などがかかります。奨学金などを利用して、毎期払えるかどうか、ある程度計画を経ててみましょう。

【進路選択】調理の専門学校へ通って食の楽しみを知ろう

女性たち

調理の専門学校で学べること

調理の専門学校では、料理のプロである講師の元、充実した設備の中で調理技術を学ぶことができます。さらに、多くの専門学校が、研修旅行を行っています。日本国内だけでなく、海外の研修旅行へ行く学校も少なくありません。食文化に触れることで、新たな感性や刺激を受けることができるのです。

レコールバンタン高等部

評判の高いスクールを厳選紹介☆調理技術は高校で学ぼう♪

レコールバンタン・キャリアカレッジ

評判の高い専門学校をピックアップ☆バリスタの資格を取りたいなら注目!

広告募集中