HOME>イチオシ情報>【資格取得】バリスタになりたい人のためのポイント

バリスタとは

バリスタとは、カフェやコーヒー専門店などで、コーヒーを提供する人のこと。バリスタになるために特別な資格は必要ないのですが、ある程度の知識や技術が必要となります。そのため、資格を取得するために専門学校へ通う人も多くいます。学校以外にも、バリスタになるための方法やポイントを紹介します。

バリスタになるには

男性

専門学校や講座へ通う

初心者や未経験の人は、専門学校や講座など、基礎から学べるところへ通うといいでしょう。基本的な知識を学ぶだけでなく、実践練習を行ったり、資格取得を目指すこともできます。講座やカルチャースクールなどは、週に1~3日程度なので、仕事をしている人などにオススメです。

コーヒー専門店で修業をして、知識をつける

「この店で知識を身に着けたい!」というお店があれば、まずは店主などにお願いしてアルバイトから経験を重ねていくのもいい方法でしょう。ですが、普通のカフェなどではマニュアルに沿ってコーヒーを作るだけ、ということもあるので、コーヒーショップのバリスタを選ぶといいでしょう。

海外の有名なコーヒーショップで働く

思い切って海外へ行き、有名なコーヒーショップで働き修行するという方法もあります。本場でしか学ぶことができない知識や技術がたくさんあり、将来バリスタの道を進んでいくことを考える人にとっては、とてもいい刺激になります。しかし、海外で修業をする前にある程度の知識を蓄えてから、旅立つといいでしょう。

【資格取得】バリスタになりたい人のためのポイント

コーヒー

バリスタの資格を取得したことによるメリット

バリスタは、資格がなくても誰でも名乗ることができます。しかし、一流のバリスタを目指したいのであれば、資格をとることをおすすめします。資格取得をしたことで、就職が有利になるだけではなく、一定のスキルや技術があることを証明できます。さらなる高みを目指したいのであれば、どんどん上の資格取得を目指すといいでしょう。資格取得は絶対無駄になりませんので、ぜひチャレンジしましょう。

広告募集中